スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲垣氏

三河稲垣氏(みかわいながきし)は、日本の武家氏族の一つである。概要室町時代後期となる文明年間(1469年 - 1486年)に、伊勢国から三河国宝飯郡に渡来し土豪となったとされる稲垣氏。同国の国人領主牧野氏に臣属して、ともに今川氏の勢力に服したが、永禄年間(1558年 - 1570年)に徳川氏(松平氏)が有力になるとその傘下に移り、稲垣長茂の系統は近世大名に発展した。出自稲垣氏は、『藩翰譜』などによると、遠祖は清和源氏小田重氏であるとする。すなわち、清和源氏支流・伊勢源氏の小田重氏が稲垣姓を称したという。また稲垣氏を平姓であるとする研究・学説も存在する[1]。略歴文明年間 (1469年 - 1486年)には伊勢から三河宝飯郡牛窪に移り、稲垣藤助重賢が、牧野氏に仕えたとある。はじめ駿河・遠江の戦国大名今川氏に味方して松平清康軍を相手に奮戦した。藩翰譜には重賢の戦死の事実だけが記載されるに留まる。だが、寛政重修諸家譜には、享禄元年(1528年)、吉田(豊橋市)方面から牛久保に軍勢が押し寄せたときに、稲垣重賢は防戦して宝飯郡産女塚で配下16名と共に討ち死にしたと、対松平氏戦に関する若干の記述がある。稲垣氏は、重賢・その子の重宗と、今川方の牧野氏に属したが、牧野忠成の祖父である牧野成定(1525年 - 1566年)が死すと、11歳(異に17歳とも)と若かった牧野康成(1556年 - 1609年)に不安があり、山本氏などと協議の上、重宗の嫡子稲垣長茂が後見役として牧野家の家臣筆頭となる。天正3年(1575年)、衰退著しい戦国大名・今川氏の旧領を争っていた徳川家康は、遠江諏訪原城(別名・牧野城)の城番に牧野康成を配置したが、その陣代として稲垣長茂の功績は絶大なものがあった。稲垣長茂は、遠江国・諏訪原城攻めの陣代としての功績、足高山の麓天神川の要害の守備の功績、小田原城・後北条氏攻めの功績などにより、徳川家康に高く評価されたことで、譜代大名・近世大名の道を歩めたといえる。柳営秘鑑では、駿河譜代に位置づけられている。藤沢ホテル総支配人、稲垣重祥は、近江国山上藩稲垣家の末裔として、何度かマスコミに登場したことがある。系譜末裔各種系統がある。志摩国鳥羽藩々主の稲垣氏近江国山上藩々主の稲垣氏徳川幕臣(旗本)稲垣氏のうち3家 越後長岡藩家老の稲垣氏越後長岡藩家老の稲垣氏信濃国小諸藩家老の稲垣

平野官房長官 個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)
IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表(医療介護CBニュース)
首相の定期預金、衆院選後17日で1億8千万減(読売新聞)
「のめり込むように信じた」数千万円投資の女性 サンラ・ワールド(産経新聞)
九州南部で春一番=昨年より2日早く-鹿児島地方気象台(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。